ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、その日気になったことを書き連ねています。

80%でも20%でも、当たれば100%

2018/05/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんばんは。

 

当たって欲しい時には外れ、

外れて欲しい時には当たる。

 

6時間後のピンポイント予報。

降水確率80%。

天候は強雨。

1時間当たりの降水量は6mm。

これは確実に雨やな。。

それでも外部での作業か。。。

やだなぁ。

なんで中止にしないんかな。。

事故っても知らんぞ。。

 

晴れました。

 

年間を通しての天気予報の当たる確率は80%と言われております。

奇しくも、今夜の降水確率と同じ。

当たりそうな気がするけども、外れる。

まぁ、雨の中作業しなくて済んだのでそれは良いのですが、中止なら延期で今頃夢の中のはずなのに、、と思わないでもありません。

仕事なんで仕方ないですが、夜勤明けでそのまま仕事とか、おっさんには体力的にちょっと辛いです。

もう移動中とかに寝るしかないです。

電車の中で寝るのってなんであんなに幸せな気持ちにになれるのでしょう。

 

それはそれとして。

何故雨は降るのか。

 

雨は雨雲から落ちてきます。

ご存知の通り、雲は水蒸気の塊です。

そして、その中では沢山の水の粒や氷の粒が動き回っています。

動き回って、ぶつかり合って、粒は少しずつ大きくなっていきます。

ある程度の大きさになると自身の重さに耐えられず、落ちてきます。

これが雨です。

 

地球規模で見ると、水はまるで血液のように地球上を循環しています。

雨となって地上に降り、一部は川に流れ海に流れ、海で暖められて空に登り、また雲となって雨を降る。

一部は地中に染み込み地下水となり、どこかで湧き出したり、噴き出したり、温泉になったり。

水の流れは生命の流れの根源とも言えるのでしょう。

 

ここ最近は日本でも異常気象が度々発生するようになりました。

日本の亜熱帯化とも言われていますが、正確にはまだ日本には冬があるので、亜熱帯ではないそうです。

ですが、春、夏、秋に限って言えばもう完全に亜熱帯

と化しています。

それに都市部ではヒートアイランド現象も加わり、昔は見られなかった現象が色々と引き起こされています。

40度を超える気温。

ゲリラ豪雨。

竜巻。

いずれも暑さに関わる現象です。

 

特に夏場頻発するゲリラ豪雨は日常的にも影響が大きいです。

局地的に突然くるので、なかなか予想出来ないものなのですが、事前の現象として「乳房雲」という雲が発生する場合があるようです。

おっぱいのような房がいくつもぶら下がっているような形をした雲で、強い下降気流発生しているため、その雲の下では大雨や雹、雷に注意しなければなりません。

特に、空の低い位置で発生している場合は竜巻が発生する場合もありますので、おっぱいのような雲を見つけたらその場から早々に離れた方がよろしいでしょう。

おっぱいに見とれていると、ずぶ濡れになるかもしれません。

もしかしたらずぶ濡れのおっぱいも拝めるかもしれませんが。。。

 

おっさんです。

すいません。

 

ともかく、今日は予報が外れて雨降らなくて良かった。

仕事終わらせて、とっとと帰って一眠りしよう。

 

それではまた明日。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

今日の脳トレはこちら。

それではおやすみなさい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.