ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、ハム次郎はいろんな事が気になります。

出来る出来ないではなく、するかしないかだ

2018/06/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

一つの事をとことんまで考え、学び、追求し、

自分でなければならないという領域にまで到達すること。

 

こんばんは。

 

仕事でも、趣味でも、どうせなら一流を目指したい。

その分野で満足のいく結果を残したい。

誰かに認められたい。

そういう思いを持つ人は多いのではないでしょうか。

 

では、一流となんでしょうか。

 

仕事については、よくこんな言葉を聞きます。

 

指示されたことが出来ないのは三流。

指示されたことしか出来ないのは二流。

指示されたことプラスアルファが出来て一流。

 

これは上司がいる場合の会社員のケースですね。

誰かに言われたことだけを100%出来ても一流にはなれません。

自分の頭で考え、指示された内容を理解し、咀嚼そしゃくし、自分のものにする。

そうするとおのずとプラスアルファが見えてくるということなのでしょう。

その指示は何を目的にしているものなのか。

これをやることの意味は何なのか。

言われるがままで思考を放棄するのではなく、常に頭を使う。

それが一流への入口なのでしょう。

 

そこからは向上心あるのみでしょう。

自分が何が出来るか。

どうすれば高みに登れるのか。

現状維持は二流。

一流であり続けるには停滞は許されないでしょう。

 

プロであり続けること。

仕事で何か対価を得ている。

どんなに有能だろうと、どんなに無能だろうと、その時、人はプロと見られます。

第一印象が肝心です。

例えば、新人の時。

よく分からないまま、先輩に連れられて得意先に行くなんてこともあるかもしれません。

最初のうちは仕方ありません。

しかし、次第に仕事を任され始めます。

想定しないことが起こり始めます。

同じような案件でも相手が違えば、時期が違えば、場所が違えば、同じように見えても全然別のものです。

それを上手くこなしていかなければならない。

相手が偉くなればなるほど、咄嗟の対応を求められたりもします。

急な質問に即答を求められたりもします。

しかし、嘘を吐くことも、適当な事をいうことも出来ません。

そんなことをしてしまえば、一発で信用を失って三流に落ちることでしょう。

自分の知識と経験だけを頼りに対応をしなければなりません。

イケそうならそれで答えるもよし、ダメそうなら「確認してお答えします」もあり。

それは二流なのかもしれませんが、その場しのぎをしても良い結果は生まれない。

であれば、今はまだ二流でもいい。

いつか一流になる。

その思いがいつか実を結ぶと。

そう信じるしかありません。

 

一流であること。

それは、もちろん仕事だけに言えることではありません。

どちらかと言えば、芸術方面の方が分かりやすいです。

人々を魅了してやまない技術。

開いた口が塞がらないパフォーマンス。

思わずこぼれる笑み。

一流の方々はおそらくは人の時間を止めることが出来る。

それがきっと一流の証なのでしょう。

この演奏を初めて聞いた時、口半開きで止まっていたものです。

超一流ですね。

 

こうはなれる気はしませんが、極めるというのはきっとこういうことなのでしょう。

常に高みを目指すということ。

凡人の自分が一流を目指すには、その気持ちだけは忘れないでいたいものです。

 

それが仕事であろうと、趣味であろうと。

 

それではまた明日。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

本日の脳トレはこちら。

 

僕の知ってるハーモニカと違い過ぎない?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.