ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、ハム次郎はいろんな事が気になります。

ありがとうと、あと何回言えるだろう

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

パパ。

いつもありがとう。

これからもいっぱい遊んでね。

 

こんばんは。

 

今日は父の日でしたね。

お父さんにプレゼントをあげたり、子供たちからプレゼントをもらったり、如何お過ごしでしたでしょうか。

かく言う僕も、今日は子供たちの幼稚園の行事に参加し、似顔絵をもらってきました。

行事では子供たちの歌のプレゼントも貰いました。

毎年の事で、内容も知ってはいるのですが、やはり嬉しいものです。

 

父の日はどのように始まったのでしょうか。

きっかけは1909年にアメリカ合衆国ワシントン州のソノラ・スマート・ドット夫人が、男手一つで自分を育ててくれた父親を讃え、教会の牧師さんにお願いして父親の誕生月である6月に礼拝してもらったことだと言われています。

ドット夫人が幼い頃、南北戦争勃発により父親は軍に召集されてしまい、母親は彼女を含む6人の子供をひとりで育てます。

その後、父親が兵役から戻ってくるのですが、母親は過労で倒れてしまい、亡くなってしまいます。

それ以降、父親がひとりで子供たちを育て上げるのですが、子供たちが成人した後、父親も亡くなってしまいます。

その頃、すでに母の日が始まっていたアメリカ。

ドット夫人は「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会に嘆願をし、1910年6月19日にアメリカ合衆国ワシントン州スポケーンの街で最初の父の日の祭典が開かれました。

1916年には当時のウッドロー・ウィルソン第28代アメリカ合衆国大統領がスポケーンを訪れて父の日の演説を行い、アメリカ全土に父の日が認知され始めます。

そして、1966年、リンドン・ジョンソン第36代アメリカ合衆国大統領が父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日が正式に父の日と定められました。

その流れを汲んで、世界では約30か国が6月の第3日曜日を父の日として定めています。

日本もその一つですね。

 

いつでも会える親。

盆と正月だけは顔を見せに行っている。

あまり会っていない。

最近は声も聞いていないかもしれない。

 

2016年の日本人の平均寿命は女性が87.14歳、男性が80.98歳でした。

これから先、あと何回親に会えるか。

ちょっと計算してみました。

 

 

 

この回数は、意外に多いのか、それとも意外に少ないのか。

生まれた家を離れ、独り立ちして頑張っている。

いつでも会えるさと、ついつい顔を見せないまま時が過ぎていく。

そんなことはないかもしれません。

会える時に会わなければ、いつか突然会えなくなるかもしれません。

 

進学や就職で子供を他府県にやる両親の気持ち。

年老いた両親を田舎に残して都会で一生懸命頑張っている子供の気持ち。

家族だから心配はしているけど本当は心配で心配でたまらない。

 

岡崎体育さんはちょっと面白い歌が多いですけど、この曲のこの部分がとっても好きです。

 

今日は父の日でした。

久しぶりに電話をしたり、電話を受けたりした方も多かったのではないでしょうか。

会えないけれど、たまには声だけでも。

何を話すのでもなく、ただ「元気?」の一言だけでもいいと思います。

今日を逃してしまった方は、是非近いうちに電話だけでも。

 

それではまた明日。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

今日は折り紙を折ってみました。

 

でも、白いバラを送るのはちょっと恥ずかしい。。。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.