ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、ハム次郎はいろんな事が気になります。

乳房雲と聞いてニヤニヤしてしる場合じゃない

2018/06/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今日は風が騒がしいな。。。

木々もざわめいてやがるぜ。。。

 

こんばんは。

 

今日は風が強かったですね。

2008年頃から観測の始まった各所では、一日の最大瞬間風速記録を38か所もの観測地点で更新しました。

主に青森県、秋田県、岩手県でここ十年で一番強い風が吹いていたようです。

全国的にも各所で瞬間的に秒速20mを超える強い風が吹いていたようです。

ただ、これは最大瞬間風速ですので、一時的なものです。

いわゆる風速とは10分間の平均風速を表しており、瞬間的な最大値を表す最大瞬間風速とは異なります。

では、どれくらいの風速が観測されると危ないのか。

一般的には以下のように言われています。

 

平均風速(m/s) 予報用語表現 人・建物への影響
秒速10~15m やや強い風

風に向かって歩きにくくなる。傘が壊れる。

建物の雨樋などが揺れる。

秒速15~20m 強い風

風に向かっては歩けない。転ぶ人も出てくる。

高いところでの作業は非常に危険。

看板やトタン板が飛ぶ可能性がある。

雨戸やシャッターがガタガタと鳴る。

秒速20~30m 非常に強い風

何かに捕まっていないと立っていられない。

ものが飛んできたり落ちてきたりして怪我をする可能性も出てくる。

道路標識が傾く。

屋根瓦が飛ぶ可能性がある。

秒速30m以上 猛烈な風

屋外での行動は極めて危険。

樹木が折れたり、倒れたりする可能性が出てくる。

走行中のトラックが横転する。

しっかりと固定されていない仮設足場が崩落する。

 

今日は各所で風速20m/sを超える記録が出ていました。

自転車などを運転していて転びそうになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに、風速40m/sを超えると非常に危険です。

基本、大型の標識や看板などは風速40m/sの風圧に耐えられるように設計されていますが、古くなったものやそもそも違法なものなどは倒れたり、飛んでしまう可能性がある為、極力近寄らない方が賢明です。

また、風速50m/sを超える場合、これはかなり凶暴な台風などにより引き起こされますが、暴風特別警報が発令されます。

特別警報とは警報よりさらに上で、「命を守る行動を取りなさい」という非常に危険な状態です。

2013年から運用が開始されたのですが、基準としては「50年に一度起こるレベルの大きな被害をもたらす災害」の場合に発令されます。

50年に一度起こるレベルの災害のはずが、2013年以降、毎年のようにどこかで発令をされています。

それだけここ昨今の異常気象はなにかおかしいということなのでしょう。

 

ちなみに、今日は東京や埼玉の各所で乳房雲が観測されたようです。

この雲はこぶ状の雲がいくつも垂れ下がっているような、牛のおっぱいのように見える雲です。

この記事のトップ画像の雲がそれです。

なんだかちょっと幻想的に見えなくもないですが、この雲は大気が非常に不安定な時に発生します。

雲の中では強い下降気流が発生しているのですが、地上では強い上昇気流が発生している為、雲の中で乱気流が発生しているような状態になっています。

その為、雨粒が雲の中で渦巻いて成長しており、自重の限界が来るととてつもない土砂降りや、場合によっては雹を降らせる可能性もあります。

また、併せて雷や竜巻が発生する可能性も持っている為、この雲を見かけた場合は速やかにその場を去ることをお勧めします。

 

これから、本格的に夏になっていきます。

昔は夏と言えば暑さだけ注意しておけば良かったように思いますが、今はゲリラ豪雨のような突発的局地的な雨が非常に多くなっています。

川付近でちょっと雨が降ってきたなと思ったら、その前から上流はとんでもない豪雨に見舞われており、一瞬にして川が氾濫するなんてこともあります。

2008年7月28日に神戸市灘区の都賀川が突如氾濫し、子供3人と大人1人が亡くなるという事故もありました。

映像はだいたい2分毎の連続写真映像なのですが、おかしいなと思ったら突如川が濁流に飲み込まれます。

その間およそ6分弱。

おそらくはあっという間の出来事だったのだと推測されます。

 

古事記に登場するヤマタノオロチは出雲の斐伊川の氾濫をモチーフとしたものという説もあります。

それだけ日本は昔から川の氾濫に悩まされてきたということなのでしょう。

 

これから本格的な夏が始まります。

暑さによる熱中症にも十分に気を付けなければなりませんが、風による危険性、雨による危険性にも十分に気を付けなければなりません。

屋外で働いてる方はもちろんのこと、デスクワークメインの方でも通勤で使用する交通機関障害による影響も少なくないことでしょう。

出先で突如雨に降られてずぶ濡れなんてこともあるかもしれません。

 

もう、異常気象が発生したら、仕事も休みでいいんじゃないかなと、そうは思うんですが、きっとそうはならないんだろうなぁ。。

 

それではまた明日。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

今日の脳トレはこちら。

 

カメハメハ大王が言ってるじゃないか。雨が降ったらお休みだと、、、!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.