ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、その日気になったことを書き連ねています。

いつ起こるかが分からないのが一番厄介だ、、、

2018/06/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

いつ起きてもおかしくない。

つまり、いつ起きるかが分からない。

 

こんばんは。

 

6月26日、防災科学技術研究所が2018年度版の全国地震予測地図を公開しました。

防災科学技術研究所は、地震や津波、火山被害や水害などを研究し、それに対する防災技術の向上に努める国立の研究開発法人です。

所属としては文部科学省の管轄になるようです。

 

今回公開された2018年度の全国地震予測地図は「J-SHIS 地震ハザードステーション」で確認をすることができます。

自分の住んでる地域が、30年間のうちに震度6強以上の地震に見舞われる可能性などを確認することができます。

ちなみに僕の住んでいる地域が30年間のうちに震度6強以上の地震に見舞われる可能性は26~100%とされていました。

 

確率の幅が大き過ぎない、、、?

 

確率分布は5段階で分かれているのですが、確率の低い順に、

0~0.1%、0.1~3%、3~6%、6~26%、26~100%となっています。

つまりは、国の最先端技術を持って予測をしても、精度としてはこれが限界ということなのでしょう。

それだけ、地震というものは予測が出来ない。

そういうことなのでしょう。

 

地図を見る限りでは、東京湾、相模湾、駿河湾、三河湾、伊勢湾の海沿い、東海地方、志摩半島の海沿いが比較的高い確率と見受けられます。

これはやはり南海トラフ地震の発生率によるものだと思われます。

 

巨大地震はいつ起きるか分からない。

起きる起きると言われていますが、起きた時にどうしたらいいのか。

地震が起きた後、無事に避難できた後のことはなんとなく想定出来ますが、地震が今まさに起きている時、とっさにどうするべきが判断が出来るかは怪しいです。

例えば、地下鉄の駅で地震に会ったらどうするべきか。

地上に出た方が良いのか、それともむやみに動かず地下に留まるべきなのか。

地下は周りが土なので、揺れによる危険は少ないと言います。

しかし、その一方で崩落などの危険性は否めません。

しかも、都心などでは人が一気に出口に向かい将棋倒しが起きる可能性もあります。

 

例えば、橋の上を車で走っているときはどうするべきなのか。

普通はいったん車を止めるように言われていますが、橋が崩れる可能性はないのか。

とにかく橋は渡り切った方が良いのではないか。

 

状況に応じて、咄嗟に判断しなければならないことも起きるでしょう。

日本で暮らす限り、地震とは無縁ではいられません。

ずっと地震の事を考えてはいられませんが、初めて行く場所、初めて入る建物では、避難経路図などを見ておくことを習慣にしたいものです。

そういったことが、自分の身を守ること、ひいては周りの人を守ることに繋がるのでしょう。

 

現代は情報社会。

手に入れようと思えば、色々な情報が手に入ります。

正しいもの、間違っているもの、胡散臭いもの、推測でしかないもの、色々な情報があります。

せっかくあるのですから、たまに気が向いた時には防災について調べてみるのも良いかもしれませんね。

 

それではまた明日。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

今日の脳トレはこちら。

 

あ、また水を買い忘れてる、、、

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.