ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、その日気になったことを書き連ねています。

それは絵に限らず、全ての事において、

2018/07/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

何かを作り上げること。

それを自ら賞賛すること。

 

こんばんは。

 

自画自賛という言葉がありますね。

自分で自分の事を褒めるという意味です。

決して悪い事ではないと思うのですが、この言葉はネガティブな意味で使われます。

 

あいつの話は自画自賛ばかりでつまらない。

誰も褒めてくれないから自画自賛するしかない。

あの立候補者の演説は自画自賛ばかりで中身がない。

 

あまりいい意味では使われません。

自分の事を自分で褒めるということ。

確かにそればかりでは聞いてる方はうんざりします。

特に、日本人は気質的に奥ゆかしさを求めますので、あまり自らを高く持ち上げないことが美徳とされています。

自分で褒めなくても、凄い人はちゃんと周りが褒め称える。

自分を自分で褒めているのは三流なのかもしれません。

 

しかし、口に出さなくとも、その精神は必要なのだと思います。

自分だけで、心の中で自画自賛。

その気持ちは絶対に必要だと思うのです。

 

どこで読んだのか、誰の言葉だったのか思い出せないのですが、自画自賛と聞くといつもこのフレーズを思い出します。

 

「自画自賛、当たり前だ。自分で褒められない絵など描くな」

 

まだ、学生の頃、どこかで読んだ言葉です。

この言葉はずっと胸の中にあります。

 

自分のしたことを自分で褒めるということ。

つまりそれは、自分のしたことに誇りを持つということ。

 

誰に見せなくてもいい。

自分だけが分かっていればいい。

自分の作り上げたものは、素晴らしいんだと。

まだまだ発展途上なのは分かっています。

でも、手を抜かずに、精一杯作り上げたものは、それだけで凄いものなんだと。

そういう気持ちを持つことが、自分の自信につながり、ひいては何か大きな成果につながるのだと。

そう思います。

 

差し出がましいようですが、、、

いえ、自分なんてまだまだです。

大したことないです。

つまらないものですが、、、

 

日本の言葉には謙虚さや慎ましさを表す言葉が沢山あります。

自己主張をし過ぎない。

周りと合わせる。

空気を読む。

それも大切なことです。

でも、心の中で自画自賛。

それもきっと必要な事です。

 

ちゃんと自分で褒めることが出来る絵を描く。

自分の力だけで満足できる絵を描く。

 

まぁ、それも中々大変なんですけどね。

 

それではまた明日。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

今日の脳トレはこちら。

 

でも、本当は人から褒められたい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.