ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、ハム次郎はいろんな事が気になります。

仏様だって3回しか許さない

2018/07/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

なんでわからないの?

なんでわからないのかが、わかりません。

 

こんばんは。

 

同じことを二度三度。

昔、親によく言われた台詞があります。

 

「犬だって3回も言われれば理解するんだよ!」

 

何回も同じことで怒られてたのでしょう。

正直何をそんなに怒られていたのかはまるで覚えていません。

多分生活態度というか何かそういうことだったろうとは思います。

約束事守らなかったり、しょうもない嘘を吐いたりと、そういうことだったかなと。

 

毎週末、父親が休みの度に怒られてて、僕は週末が来るのが嫌で嫌で仕方ない子どもでしたね。

どっか旅行に行くなんていったら、普通の子どもなら大喜びなんでしょうけど、ホント嫌。

車の中で寝るなと怒られながら向かい、旅行先ではしゃぐなと怒られて過ごし、帰りの車で寝るなと怒られながら帰る。

まぁ、ホント嫌でした。

しかも、

 

「連れてってやってるんだ!」

 

という恩着せがましい言動。

別に頼んでないよと言いたかったですが、子ども心にそれは言っちゃダメなやつだと感じてたんですかね。

言いませんでした。

今それを父親に言ったら泣くかもしれないですけど。

 

同じ事を何度言っても聞かない。

残念ながら、それは我が子たちにも引き継がれてしまいました。

例えば今日あったこと。

お風呂に入りたいというので、頭と体洗って、ちょっとぬるめのお湯に入れてやりました。

姉弟で湯船ではしゃぎ始めます。

とりあえず、注意をしておきます。

 

1回目

「暴れるのはダメだからね?」

「「はーい」」

「暴れるってどういうこと?」

「「・・・・・・?」」

「湯船ドンドンしたりすることだよ。

 それはダメだからね?」

「「はーい」」

 

そもそも暴れるということが何かわかってないのに返事してる時点でもうダメです。

とりあえず何か言われたら返事しておけばいいと、子ども達の中でそうインプットされてしまっているのだと思うと辛いです。

とりあえず地道に説明して行くしかないのかと今は思ってます。

 

で、しばらくしないうちにドンドンと聞こえてきます。

 

2回目

「暴れないでねって言ったよ?」

「「ごめんなさーい」」

「暴れないってなんだか分かる?」

「「ドンドンしない」」

「そう。遊んでもいいけど湯船蹴っ飛ばしたらダメだよ?」

「「はーい」」

 

暴れるということがどういうことなのかは分かっているようです。

でも、衝動が抑えられない。

前に記事に書いた「前頭葉の発達が未熟なせい」です。

返事だけはいいんです。

でも、悪ふざけを止める事が出来ない。

すぐにまた湯船を蹴る音が聞こえてきます。

 

3回目

「暴れないでって言ってるよ?」

「ごめんなさいー」

「次やったらもうタブレット貸さないからね?」

「「はーい」」

 

最近、子ども用に安いタブレット買いました。

マイクラをやりたいというので、まぁいいかなと。

頭使いそうですし、創造力とかも養えそうですし。

で、事あるごとにタブレットの使用制限をチラつかせてます。

使えないようにしちゃうよと。

これは姉の方には結構効果があるようです。

でも、弟の方はダメ。

事態が理解できないのか、優しく言ってるからナメてんのか。

再び、湯船を蹴る音が聞こえてきます。

今回は弟の方だけでした。

 

4回目。

「なんで暴れてんだよ!」

「ごめんなさいー」

「ごめんなさいじゃねぇよ!

 な、ん、で、暴れてるのかって聞いてんだよっ!」

「もうしませんー」

 

ダメだダメだと言われても、どうしても声を荒げる衝動が抑えられません。

理由なんてない、ただただ湯船を蹴りたい衝動が抑えられないだけ。

そうは思うんですけど、こちらも怒りが抑えられない。

 

「なんで優しく言ってるうちにやめられないんだよっ!

 ナメてんのか、テメェ!

 言った通り、お前にはタブレットはもう貸さねぇからな!」

「やだー」

「やだじゃねぇよ。お前が自分で選んだんだろうが。

 ちゃんと話して返事してたろうが!」

「ごめんなさいー」

「以上、終わり!」

 

風呂のドアを閉めます。

言葉づかいが酷いです。

子どもが生まれてからドンドン酷くなってる気がします。

子ども生まれるまで怒鳴ることなんてなかったから、元々こうなのが出てなかっただけかもしれませんが。。。

ともかく優しく言ってるうちは大丈夫と高を括ってるのがどうしても許せないです。

 

それ以降、お風呂を出るまで暴れる音は聞こえてきませんでした。

 

このやり方はどうなのか。。

怒鳴らないと聞かない。

怒鳴ると良くないとはよく聞きますが、うちでは怒鳴らないと5回でも6回でも同じ事を何回も繰り返します。

せめて3回くらいで理解してほしい。

それを超えたら怒鳴るよと、最初からもう言うようにしてます。

それでも繰り返すのはもう怒鳴られたいんだろ?と、嫌味を言ったりもします。

ですが、ダメ。

やはり怒鳴らないと言うことを聞けない。

 

なんとかしたいけども、今のところなんともなりません。

その度に父親の言葉が思い出されます。

 

「犬だって3回も言われれば理解するんだよ!」

 

思えば、愛犬家の反感を買いそうにな言葉ですが、まぁ当時父親は犬嫌いだったみたいですからお許し下さい。

今は友達連中の飼い犬を撫でたりしてるみたいですが、、

まぁ、随分と丸くなって。

人は変われば変わるものですね。

 

まぁ、それはそれとして。

優しく言ってると埒が明かない。

なんか、いい方法ないものですかね。

出来れば怒鳴る以外の方法で。。。

難しいなぁ、、、子どもを育てるのって、、、

 

それではまた明日。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

今日の脳トレはこちら。

 

怒鳴ってるけども、まだ週末が苦痛とかではなさそう。。

それだけは唯一の救い。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.