ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、その日気になったことを書き連ねています。

世界は鏡で出来ている

2018/07/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

人を傷つけることなかれ。

人を羨むことなかれ。

 

こんばんは。

 

人を傷付けると同じように自分も傷付けられる。

子ども達が姉弟で手を上げていたり、僕や嫁さんを意味もなく叩いてきたり、そういう時、そう言い聞かせています。

人に嫌な思いをさせているのに、自分だけが優しく扱われる。

そんなことは決してないのだと、ゆっくりと話して聞かせます。

 

世界は、自分を映す鏡。

自分のしたことがそのまま自分に返ってくる。

優しくすれば、優しくされる。

きつく当たれば、きつく当たられる。

陰で悪口を言っていれば、自分も自分のいないところで悪口を言われている。

世界とはそういうものなのだと、簡単な言葉で子どもたちに伝えます。

 

でも、子ども達はすぐに忘れてしまう。

さっきお話ししたのにまた同じようなことをしている。

 

そこにイライラしてはいけない。

子どもは同時にいろんな事を考えられない。

それは仕方ないことなのだと分かっているつもりでも、ついイライラしてしまう。

つい、

 

「さっき言ったばっかりでしょ!」

 

と大きな声を出してしまう。

いけませんね。

子どもと同じです。

何回言っても同じことを繰り返す。

自分も反省しなければなりません。

 

怒りはゆっくりと伝えればいい。

パパは怒っているんだよと。

静かに怒りを伝える。

怒鳴っても萎縮するばかりで、事態の改善には繋がりません。

目を見てゆっくりと伝える。

何を怒っているのか。

どうして怒っているのか。

どうすれば怒らせずに済んだのか。

それを子どもたち自身で考えられるように。

なるべく穏やかに諭す。

それを目指しているつもりですが、なかなかなかなか。

ついつい大きな声が出てしまいがちです。

いけませんね。

まだまだ優しくてしっかりとしたお父さんへの道は険しいです。

 

嫉妬。

人を羨むと、ついつい愚痴が出てしまいがちです。

 

「あいつはいいよなぁ」

「なんであいつばっかり」

「俺の方がよっぽど頑張ってるのに」

 

分かります。

疲れてくる程、その傾向にあるようにも思います。

でも、そんなことを言っていても状況は改善されない。

愚痴は何も生み出さない。

ストレス解消になっているようで、実は大して解消されていない。

愚痴を言うくらいであれば、深呼吸の1つでもした方がよっぽどいい。

 

とは言うものの、それもなかなか難しいものです。

いきなりは変われない。

ちょっとずつ変わっていくしかありませんね。

 

子ども達もあの子達なりにきっと頑張ってる。

僕も負けずに頑張っていこう。

 

それではまた明日。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

いつかこの努力がきっと実を結ぶはず。

 

 

本日のオススメ動画はこちら。

久石 譲 / Joe Hisaishi — 風のとおり道 (HQ)

聞いてると理由もなく涙が出そうになります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.