ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、ハム次郎はいろんな事が気になります。

正義の女神は目隠しをしている

2018/07/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

批判しか出来ないメディアに未来はない。

必要なのは事実を事実として伝え、視聴者に判断を委ねるスタンスではないのか。

 

こんばんは。

 

「最近、『報道ステーション』がヘンだ――」

そんな書き出しから始まるネット記事を読みました。

過去に「不審な行為が確認されているアカウント」としてTwitterのアカウントを一時的に凍結されたこともある『テレビに関する話題……本と雑誌のニュースサイト/LITERA』。

政治的に偏った記事が多く、たびたび炎上することでも有名なサイトの記事です。

タイトルは、

 

『報道ステーション』から安倍政権批判が消えた理由! 杉田水脈問題も赤坂自民亭もスルーする異常事態

 

その記事の冒頭にはこうありました。

 

『報ステ』といえば、忖度体質が支配するテレビ報道のなかで、安倍政権をきちんと批判ができる数少ない番組として支持を受けてきた番組。

ところが、今月7月を境に、この番組から肝心の安倍政権批判が極端に少なくなってしまったのだ。

 

忖度体質が支配するテレビ報道というのは、民主党政権時代の話でしょうか。。。

いわゆるキー局と呼ばれるテレビ局の報道で、現政権に対する忖度は正直観たことがありません。

例えば今回カジノ法案カジノ法案と騒がれている「IR実施法案」。

IRとはIntegrated Resortの略で統合型リゾート施設を意味します。

カジノカジノと言われてますが、IRとはカジノ、ホテル、劇場、映画館、ショッピングモール、レストラン、文化ホール、国際会議施設など、多様な施設が備えられた複合的なリゾート施設です。

イメージとしては豪華客船が街中にできるという感じでしょうか。

 

IR実施法案の成立により、ギャンブル依存症の増加が取り沙汰されています。

しかし、ギャンブル依存症と言えば、大半の方がお気付きのように、カジノよりも駅前のパチンコ、スロットの遊技場の方がよっぽど問題です。

IR施設の中に出来るであろうカジノは、おそらくそれなりのルートを取って入館することになるでしょう。

ホテルの中かもしれませんし、もしかしたらある程度のドレスコードも必要になるかもしれません。

ある程度のお金を持った人が、余力の中でスリルを楽しむ。

これはどちらかというと国内というよりは国外からの観光客流入を目指したものでしょう。

 

まさか、昔のように郊外のデカい敷地にカジノ施設をドーンと立てて、誰でも入れるように開放して、駐車場には消費者金融の借金ブースがより取り見取り! なんてことにはならないでしょう。

そもそもが今回の法案では日本へのカジノの設置は、当面3か所までとするとされています。

そこかしこに誰もが好きなだけカジノを建てられるということではないのです。

 

しかし、何故か世間では「ギャンブル依存症がー、ギャンブル推奨だー」と騒がれています。

今のところ、カジノの誘致で名乗りを上げている代表的な自治体は「北海道苫小牧市」「愛知県常滑市」「長崎県佐世保市」などです。

外国人誘致の為、空港や大型客船が停泊できる港があったりする自治体が多いようですね。

 

ギャンブル依存症増加論者の方々は、近所の駅前のパチンコ店にいる方々がみんなこぞって飛行機に乗り、カジノを目指すと思っているということですかね。。。

ちょっと考えにくくありませんかね。

飛行機に乗るくらいなら駅前でパチンコやってるんじゃないですかね。

 

今回のIR実施法案の採決はいつものようにメディアでは「強行採決」と報じられてきました。

長いゴールデンウィークを過ごした野党の先生方は棚に上げて、議論が十分になされていないとの報道も多数見掛けたように思います。

 

仮にもしこれが当初策定検討していた民主党政権下で可決されていたとしたら、メディアの報じ方もまた違ってきたことでしょう。

おそらくは、民主党政権による「迅速な採決」とでも報じられたのではないでしょうか。

同じ状況でも、使う言葉の違いで印象はいくらでも変わる。

カップラーメンの値段が分からないことを「庶民感覚の欠如」と言いながら、片や高級日本料理店での昼食を「セレブでグルメ」と報じる。

テレビ報道が自民党政権に対する忖度体質に支配されているというのであれば、忖度の意味をもう一度調べなおした方が良いかもしれません。

もしかすると、忖度とは「気に入らない相手をとにかく批判すること」という意味で辞書に書いてあるかもしれません。

 

LITERAの記事を簡単にまとめると、

 

テレビ朝日の「報道ステーション」から安倍政権批判が消え、東京五輪の話題やスポーツばかり報じるスポーツニュース番組になってしまった!

この元凶は安倍政権と仲のいいテレビ朝日の早河洋会長の子飼いの人物がチーフプロデューサーになったからだ!

これは権力を監視する使命をもったジャーナリズムの死を意味している!

 

です。

だいぶ偏った記事のように思えてなりません。

一般人としての意見を書かせて頂ければ、仮にもニュースサイトを名乗るのであれば、もう少し中庸の立場で物を書くべきではなないでしょうか。

事実を事実のみ報道することはなかなか難しい事です。

報道というのであれば、そこに意思や思惑を付け加えてはならない。

意思や思惑を付け加えるのであれば、それは報道ではなく、論評です。

 

「7月20日(金)21時30分、IR実施法案が参議院本会議で可決しました」

 

これが報道です。

 

「7月20日(金)21時30分、IR実施法案が議論不足のまま、自民党の強行採決により可決しました」

 

これは報道ではなく、この内容をメディアに流している会社の論評です。

 

言いたいことがあるならば言ってもいい。

ただ、それをニュースのような形をとって流すのは卑怯だと思います。

それによりどれだけの人が影響を受けていることか。。。

 

まさか気付いてないとは思いませんが、視聴者もいつまでも馬鹿ではありません。

なんか変だなと思えば自力で調べます。

今はそういう方が確実に増えてきている。

メディアでは「若者のテレビ離れ」「若者の新聞離れ」と言われていますが、そうじゃない。

新聞社のネット配信記事だって読むし、テレビ局のネット配信ニュースだって見る。

でもそれだけじゃない。いろんなところからいろんな情報を仕入れている。

もしや、そのことに気が付いているからこそやたらと偏向して報道しているのでしょうか。。。

だとしたら、ほんとメディア怖い。

 

それではまた明日。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

放送法4条は現状役に立っているんすかね、、、

 

 

本日のオススメ動画はこちら。

【 ルパン三世のテーマ ’79 】 エレクトーン演奏 Lupin the Third

僕の娘もピアノに興味を持って欲しいと切に願いました。

826askaさんの演奏は見てて惚れ惚れします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.