ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、ハム次郎はいろんな事が気になります。

基本節約、たまに贅沢

2018/08/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

そんなにたくさんはいらない。

人並みに生活できればいい。

すいません、嘘です。

 

こんばんは。

 

金は天下の回りもの。

お金は一ヵ所に留まることはなく、常に人から人へ回っているもの。

だから、今お金がなくとも、真面目に働いていればいつか自分のところにも回ってくる。

そんな希望を込めたような言葉です。

 

しかし、果たしてお金は本当に天下の回りものなのか。

いつか、自分のところにもやって来るのか。

そのいつかはいったいいつなのか。。。

 

会社のお偉方は、仕事終わりに毎日のように飲みに行っています。

会社の近所の居酒屋なのでそんな高額なお店ではありません。

それでも飲んで食べれば、安くても4~5000円程度は掛かる。

それを1ヶ月続ければ、5000円×20日で10万円。

月10万円の飲み代。

最低でもそれくらいは出ていっている。

しかも、居酒屋ばかりではなく、時にはそれなりのお店に行くこともあるでしょうから、それよりも実際は多い事でしょう。

 

ちなみに、厚生労働省が実施している2017年の「賃金構造基本統計調査」によれば、30代後半の男性のへ基金賃金は32万4100円だそうです。

そこから所得税やらなんやら色々引かれますので、手取りとすると24~25万円といったところでしょうか。

とてもじゃないですが、月に10万円も飲み代を払える給料ではありませんね。

ちなみに、年齢別、性別の2017年の平均賃金は以下の通りです。

 

年齢 男性 女性
20~24歳 21万0500円 20万2500円
25~29歳 24万8100円 22万5900円
30~34歳 28万9000円 24万1600円
35~39歳 32万4100円 25万4000円
40~44歳 35万8700円 26万2400円
45~49歳 39万4700円 26万8200円
50~54歳 42万4000円 27万0000円
55~59歳 41万2200円 26万2900円
60~64歳 29万4100円 22万4300円
65~69歳 26万1000円 22万0100円

 

平均ですので、これよりも沢山貰っている人もいれば、そこまでも貰っていない人もいる。

でも、出来ることなら平均よりも上にいたい。

誰しもがそう思うことでしょう。

そうやって上を目指すことで、少しずつ平均も上がっていく。

目指すといっても一筋縄ではいかないことだとは思いますが、、、

しかし、真面目にやっていれば、男性は30年くらい働けば、給料が約倍になるということでしょう。

女性については、やはり昇給が男性と比べると抑圧されているように見えます。

これは、現在も問題になっていますが、結婚や出産を機に退職されるという企業側の懸念により、なかなか昇給に大して二の足を踏んでしまうということが少なからずあるでしょう。

古くからある会社は男社会という意識が変わっていくにはまだ時間を要するのではないでしょうか。

それでも、昔に比べればだいぶ変わってきたとは思いますが、、、

 

金は天下の回りもの。

これはお金をどんどん使えばどんどん戻ってくるということではありません。

出ていく分はいくらでも増やせますが、入ってくる分は決まっている。

突然入ってくる分が倍になるという人もいるかもしれませんが、それはごく一部の方です。

入ってくる分は少しずつしか増えない事の方が圧倒的多数です。

経済はお金が回らないと回らない。

お金を持っている方にどんどん使ってもらって、どんどん経済を回してもらう。

その横で、堅実に生活する。

基本は節約を心掛ける。

でも、たまには贅沢をしてもいい。

美味しいものも食べたいし、旅行にだって連れて行ってあげたい。

でも、使った分だけ節約して補充する。

そうすれば、子ども達2人を大学まで入れてあげるくらいの貯蓄は出来るはず。

親としては、そのくらい長いスパンで計画しないとダメなのかもしれませんね。

今度の休みにでも、ちゃんと計算してみるかな。。。

 

それではまた明日。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

クレジットカードと電子マネーで生活していると月にいくら使ってるのか分からなくなるのが辛い。

 

 

今日のオススメ動画はこちら。

世界最速のダウンヒル映像まとめ【Video Pizza】

空と、太陽と、そして、風。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.