ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、ハム次郎はいろんな事が気になります。

小川遥資容疑者の保釈は何故認められたのか、、、

2018/09/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

成人した子どもの不始末。

犯罪でも犯さない限りは、個人の責任でいいと思いますが。。。

 

こんばんは。

 

2018年5月7日午後4時頃、東京都練馬区の路上やマンションの敷地内で帰宅途中の小学校低学年の女子児童2人の胸を服の上から触ったとして、2018年9月3日に東京都千代田区に住む小川遥資容疑者(22歳)が再逮捕されました。

小川遥資容疑者はすでに2017年10月31日に別の女子児童への強制わいせつ容疑で、2017年11月2日に1度逮捕され、その後も4件の女子児童へのわいせつ容疑で再逮捕されており、今回で6度目になります。

5度目までの容疑については、概ね容疑を認める発言をしているということですが、今回逮捕された件については、

 

「犯行の状況を覚えていない」

 

として、容疑を否認しているということです。

 

22歳。

社会に出たことがないとしても、成人をしており、世間ではもう大人として扱われます。

大学生だとしても、自分の不始末は自分でつけるべき。

しかし、逮捕された場合はそうもいきません。

原則として、警察は容疑者の逮捕後48時間以内に取り調べを行い、検察に送検するか微罪処分として釈放するかどちらかを判断し、実施します。

ドラマなどで警察官が犯人に対して時に乱暴な言葉で取り調べを行っているのは、こういった時間制限があるという点もあるのかもしれません。

なんとしても、48時間以内に確証をもって検察に送検したい。

そういうことなのでしょう。

 

検察に送検された場合、検察は24時間以内に起訴するか嫌疑不十分で不起訴とするか判断しなければなりません。

しかし、この24時間での操作では判断できない場合などは、検察官は裁判所に対して勾留請求を行い、容疑者の勾留期間を最大20日まで延長することが可能です。

通常、容疑者は逮捕後72時間は弁護士を除く誰とも面会することが出来ません。

つまり、検察側が通常起訴するかしないかを判断しなければならない制限時間までは、家族であっても会うことは出来ないということです。

 

そして、不起訴処分になった場合はそこで釈放されます。

起訴された場合でも、日本には保釈制度がある為、裁判中などであっても保釈が認められる場合があります。

一般的には家族などが身元引受人となり、弁護士による申請の元、保釈金を出せば、拘置所から出ることが可能です。

 

今回、6度目の逮捕をされた小川遥資容疑者。

4回目の逮捕は保釈中に行われました。

すでに同様の女子児童へのわいせつ暴行容疑で公判中に、同じような犯罪を犯したということです。

そして、5回目、6回目の犯行も明らかとなり、先日再逮捕となり、現在はさすがに拘置所にいるのでしょう。

保釈制度にも適用条件があり、その中に「常習性がない」という点があります。

つまり、常習性がある場合、他の解明されていない別の余罪の証拠隠滅を行うかもしれないという点で、保釈が認められないということです。

今回はまさか再度別件を引き起こす事態になったわけですが、、、

 

ちなみ、他の保釈の条件としては、

 

『殺人のような重罪ではない』

『過去に長期の懲役や禁固刑を受けていない』

『証拠隠滅の恐れがない』

『被害者や証人に危害を加える恐れがない』

『氏名が明らかであり、住所不定ではない』

 

ということが一般に上げられています。

小川遥資容疑者がどうして『常習性』と『被害者に危害を加える恐れ』をクリアしたのかは分かりませんが、相場150万円から300万円と言われる保釈金を払い、親か誰かに迎えに来てもらったのでしょう。

ちなみに、保釈金は一時的に国に預けるお金です。

後に行われる裁判にちゃんと出頭すれば、全額返金されます。

 

各所で報道されている通り、小川遥資容疑者の父親は立憲民主党・民友会に所属する参議院議員の小川勝也先生です。

保釈金については特に問題はなかったのでしょう。

小川勝也先生は2017年11月の小川遥資容疑者1度目の逮捕の時、民進党に所属していた小川勝也先生はその日のうちに離党届を提出しました。

民進党はその離党届を預かりとし、小川遥資容疑者の刑事処分確定後に対応するとしたそうです。

その後民進党は分裂、今は小川勝也先生は無所属ですが、結局立憲民主党系例の会派に属しているのですから、離党とか言ってもあまり意味を感じませんね。

なお、同じ会派に『アベ政治は罪深い』で有名な小西洋之先生もおられます。

ご自身の息子さんも変えることも出来ないのに日本の政治を変えようとは、ご立派な事です。

 

そういえば、今回の再逮捕に関して、財務省のセクハラ問題に対して#MeToo活動を行っていた野党の女性議員の先生方は何もコメントをされないんですかね。

女性の、しかもまだ力も弱く、幼い子どもに対してのわいせつ行為。

大人の女性に対するセクハラも大変な恐怖でしょうけども、子ども達の恐怖もまた計り知れないものがあると思うのですが、、、

こういう時こそ、先頭に立って子どもから大人まで女性を守るために立ち上がって頂きたいものですが、、、

もし自分の娘がそんな男に襲われようものなら、地の果てまで行っても追い詰めてやろうと思うのすが、女性の先生方にはそのような気概はないのでしょうか。。。

ないのであれば、それはとても残念な事です。。。

 

しかし、日本大学もいい迷惑ですね。

少しほとぼりが冷めてきたと思いきや、また不名誉なことで大学名が流れています。

まぁ、小川遥資容疑者が今も大学生なのかは存じ上げませんけども。

 

それではまた。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

親と子どもは違うと言っても、息子が容疑者の国会議員てどうなの、、、?

 

 

本日のオススメ動画はこちら。

PV2『無双OROCHI3』2018/9/27発売!

発売までもう少し。

やってる時間ないけど、凄くに欲しい。。。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.