ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、ハム次郎はいろんな事が気になります。

身体の中から温めることも大切です

2018/09/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ぽっぽっぽ。

身体が芯からぽっぽっぽ。

 

こんばんは。

 

昔に比べ、現代人は冷え性の方の割合が増えているそうです。

快適さを提供する空調設備、自動化される移動手段、様々な技術の発達により、暮らしが便利になる一方で、人間本来の体温調節機能が鈍っていると言われています。

また、体温を安定させるためには筋肉が重要な役割を果たしている為、運動不足による筋力の低下により、体温が下がりやすいといった現象も起きているようです。

 

とはいっても、暑い夏や寒い冬に空調設備は欠かすことは出来ません。

昔がどうとかいうのも必要な事かもしれませんが、昔は気温が日常的に35℃以上なんてことはありませんでしたし、過去と現在を同じものとして考えるのは良くありません。

しかし、人間本来の体温調節機能というものが弱まっているのもまた事実なのでしょう。

使われない機能は少しずつ失われていく。

生物として、それは避けられない事でしょう。

 

身体の冷えは万病の元とも言われています。

風邪を引きやすくなったり、手足の怠さや、集中力の低下を招くこともあります。

なるべく身体は温めた方が良い。

平熱が36.5度以下の方は少し気を付けた方が良さそうです。

特に35度台になると、様々な自律神経に影響が出てきます。

特に、ガン細胞は35度で最も活動的になり、白血球の働きは3割近く低下すると言われています。

 

では、冷えていく身体を温める為にはどうしたら良いか。

一番手っ取り早い方法が食事による方法です。

身体を温める食材。

しかも、いろんな料理に使える食材が良いです。

出来れば、毎日食べられそうな食材。

 

おすすめなのは生姜です。

 

スープ類のアクセントとして、薬味として、結構なんにでも合います。

食べると体がぽっぽとしてきて、軽く汗ばむ場合もあります。

その効果は体温を上げるほかにもいくつもあります。

 

・血流を良くする。

・血液内の汚れの除去。

・血栓の予防と除去。

・発汗促進。

・消化機能の促進。

・食材の殺菌作用。

 

夏の暑さもだいぶ和らいできました。

そして、これから秋をあっという間に通り越して冬へ。

昼と夜の寒暖差も大きくなることもあるでしょう。

そんな時の体調管理のお供に。

個人的には生姜のたっぷり入った雑炊が好きです。

 

それではまた。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

あと、家系ラーメンへの投入は欠かせません。

 

 

本日のオススメ動画はこちら。

【魔女宅】海の見える街吹いてみた【Soprano Sax】

最初のシーンの構成が好きだなぁ。

影で魅せるって凄い。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.