ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、その日気になったことを書き連ねています。

がんばってみるよ、やれるだけ

2018/09/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

それぞれの状況。

それぞれの希望。

 

こんばんは。

 

9月13日、角川ドワンゴ学園は2019年4月に「N中等部」を開校すると発表しました。

角川ドワンゴ学園と言えば、2016年4月に通信制高校「N高等学校」を開校したことで、話題になりましたね。

現在、N高等学校には7,000人を超える生徒が在籍しており、内部のアンケートによると生徒、保護者共に80%以上が満足しているということです。

開校当時、ちょっと奇抜な感じで、話題になっておりましたが、その内部の授業内容を見てみると、一般的な高校よりも充実しているように感じます。

開校当時、理事でもあるカドカワ株式会社社長の川上量正氏は、

「通信制高校は全日制高校に通えないから仕方なく選ぶものというイメージが社会にある」

と、指摘した上て、教育システムの新しい選択肢としての高校として作り上げたいとしていました。

残念ながら、そのイメージというものは今もなお社会にあるとは思いますが、それはこれからの卒業生の活躍によって払拭していくことになるのでしょう。

 

N高等学校の本校は沖縄県のうるま市内にあるのですが、分校の通学用キャンパスととして、関東に5校、名古屋、大阪、福岡にそれぞれ1校があり、完全にネットだけで学習するコース以外にも学校に通学するコースもあるようです。

授業内容は全日制の高校と同じような普通科の授業以外にも、プログラミング授業や小説やイラストレーターを目指す為の、その道のプロを招いての講義なども用意されており、強い動機を持った生徒にとっては最適な環境になりえる可能性がある言えるかもしれません。

また、職業体験の行事では、畜産や伝統工芸、福祉体験や漁業体験など、ちょっと普通科の高校でなさそうな行事もあるようです。

 

「N高は歴史がない代わりに、最新の教育を取り入れることができた。

 受け継ぐ伝統はないが、新しい歴史を皆さんが作っていける」

 

2016年4月の入学式で、川上量正理事はそのように語ったといいます。

 

人と違うということ。

大人でもそうですが、若い世代にとってそれは大きな恐怖となります。

しかし、自分が好きなことを極めたいと、切望してその道を進むというなら、その恐怖に打ち勝てるのかもしれません。

今回、発表のあった「N中等部」については、N高等学校の前段階のような教育システムと言えるかもしれません。

N中等部はN高等学校と違い、通学制のスクールとなります。

法的にはいわゆる「中学校」ではなく、外部スクールという扱いになります。

また、現在の法制度では通信制の中学校は認められていない為、生徒は自分が在籍する中学校に在籍したまま、通学することになります。

同様の教育システムとして、不登校の生徒に対する支援を行う民間のフリースクールがありますが、N中等部はフリースクールが行ってきた心のケアのさらにその先の社会で戦える武器を学べる場として位置付けたいとしています。

 

平成27年度の発表によれば、不登校の中学生の数は98,408人。全国の中学生の数は347万人。

約2.8%の中学生が何らかの理由で不登校という現実があります。

彼らの不登校の理由は分かりませんが、どうしても通えないという現実があるのであれば、こういった新しい教育の形に乗ってみるというのも一つの選択肢なのかもしれません。

もちろん、一般の目は厳しいかもしれません。

中学は不登校だったというだけで色眼鏡で見られるかもしれません。

社会はそれに寛容なほど成熟してはいないのが現実でしょう。

しかし、何か戦える武器があるのであれば、その力で証明できる。

自分は使える人間だと。

回り道はしたかもしれないけども、他の人と何も変わらないと。

 

子どもの学びたいという気持ちを支援する。

それは大人にしか出来ない事かもしれません。

もし、そういう現実があるのであれば、大人もちゃんと考えるべきなのでしょうね。

 

それではまた。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

自分の子ども達がもしそうなったら、ちゃんと話を聞いて、考えようと思う。

 

 

本日のお勧め動画はコチラ。

鉄拳 「約束」

世の中はそううまく行かないかもしれない。

でも、それでもってみんな頑張ってる。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.