ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、ハム次郎はいろんな事が気になります。

部屋も机も散らかってるのに、数字はちゃんと並んでないと気持ち悪い

2018/09/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

え、そんなこと好きなの?

それって楽しいの?

 

こんばんは。

 

営業の仕事をしています。

でも、正直売込みはほとんどしていません。

後から後から依頼が来る。

その対応だけで手一杯なのが現状です。

本当は、それをこなしながら新規に仕事を取ってくるのが営業なんでしょうが、物理的に時間が足りてません。

まぁ、会社からは営業してこいとよく言われますが。

その度に、

 

(じゃぁ、この仕事誰がやるのさ、、、)

 

と、思うわけです。

さすがに声には出してませんが。

 

十数年前、営業として職に就いたわけですが、当時は何がやりたいかも良く分からずに、ひたすら言われたことをやってました。

そして、仕事をこなすうちに、自分の好きな事に気付き始める。

 

(データ整理おもしれぇ、、、)

 

これまでの人生の中で、同じ価値観を持った人にお会いしたことがないので、なんとも言えないですが、僕はたぶん珍しい部類なのでしょう。

バラバラのデータをある一定の基準を設けて整理していく。

少しずつ形になっていくデータ。

どうやって並べたら見やすいか。

どういう項目があると使いやすいか。

自分でも変だなと思うことがあるのですが、お客さんと契約が上手くいくことよりも、使いやすい一覧表とかが上手く出来上がった方が嬉しいです。

そんな話を同僚などにすると、なんだか微妙な顔をされます。

まぁ、そうですわね。

 

適材適所という言葉がありますね。

仕事内容が向いている向いていない。

そういうこともあると思います。

自分にとって営業が向いているか向いていないかと考えれば、おそらく向いていないのでしょうが、何故か仕事はなくなりません。

完璧じゃないにしても、及第点てことなのか。

でも、会社的には及第点じゃきっとダメなんだとも思うわけで。

 

好きな事を仕事にしたら好きな事が嫌いになるからやめた方がいい。

そんな話をよく耳にします。

実際そうでしょう。

思ってたのと違った。こんなはずじゃなかった、もっと楽しいと思った。

表面しか見えていなかったけども、携わるようになって裏側も中身も見えるようになって、別の価値観が生まれる。

そういうことなのでしょう。

そういう意味では、僕の好きはちょっとそういうことではない。

整理するデータは何でもいいんです。

住所録でも、社員の生年月日と入社年月日でも、販売価格と原価と利益と利益率の一覧でも、店舗利用者の年齢層統計データでも、元のデータとそれで何が欲しいのかを言ってくれれば、それを作りたい。

誰にでも出来る仕事じゃないか。

その通りです。

なんでこんなこと好きなんだろう。

自分でも良く分かりません。

最近、仕事が忙しくてデータ整理が全然出来ていません。

もしかして、それでストレス溜まって調子悪いのかなぁ。

 

そんなことないか、、、

 

それではまた。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

好きだから、どうしてもこだわってしまう。

そんな凝った表はいらないんだよ、そんなに時間を掛けるなよとよく言われます。。。

じゃ、自分でお作りに、、、いえ、何でもありません。

 

 

本日のオススメ動画こちら。

美波「ライラック」Music Video

なんだか惹き込まれました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.