ニュース、流行、脳トレ、音楽、ゲーム、その日気になったことを書き連ねています。

安全確認を第一に

2018/10/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

何をおいても、

安全第一。

 

こんばんは。

 

2013年10月5日、お笑いタレントの桜塚やっくんさんが交通事故で亡くなりました。

享年37歳。

事故現場は山口県内を走る中国自動車道下り線の伊佐パーキングエリア付近。

5年前、この事故死のニュースが流れた時は、突然のことに驚いたものです。

高速道路上で車外出て後続車に轢かれるという第一報に、「何故!?」と思ったものですが、最初自身の運転していた車が中央分離帯に衝突する事故を起こし、その対応で路上に出たという話を聞き、何か別の方法はなかったのかと思ったものでした。

また、その後、事故現場は地元では有名な「魔のカーブ」だったという報道もされました。

 

「魔のカーブ」

通常、カーブするときは遠心力が掛かる為、路面がカーブの外側が高くなるように設計され施工されています。

しかし、中にはそれが逆になっているカーブがある。

排水の問題や前後の関係上、路面角度が逆についている場合がある。

いわゆる「逆バンク」と呼ばれる場所。

ちょっとした運転ミスが事故に繋がる「運転の難所」と呼ばれる場所です。

 

桜塚やっくんさんが事故を起こした場所もそう呼ばれる場所だったようです。

事故後、山口県警やNEXCO西日本は事故現場である美弥インターチェンジから美弥西インターチェンジの区間の路面のカラー舗装化などの事故防止の為の工事を実施し、事故数が半減するなどの効果が見られたと言われています。

 

人が亡くなるというのは悲しい事です。

もう、その人に会うことは出来ない。

ご家族やご友人の方はさぞお辛い事でしょう。

そして、同じように加害者となってしまった男性。

高速で移動中では、咄嗟の判断ではどうしようもない事もあるでしょう。

人の尊い犠牲により、その後守られる命もある。

綺麗事かもしれませんが、世の中はそうやって成り立っているのかもしれません。

出来ることなら、被害者にも加害者にもなりたくない。

でも、車というものがある限り、その可能性はゼロにはなりません。

どんなに急いでいても安全運転。

焦っていると普段何でもないことに足元を救われるかもしれません。

運転をする一個人として、改めて気を付けたいと思う次第です。

 

それではまた。

 

 

/  ブ ロ グ ラ ン キ ン グ 参 加 中 で す  \

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ  

\  応 援 よ ろ し く お 願 い 致 し ま す  /

 

 

運転中に眠くなるのをホントにどうにかしたい、、、

 

 

本日のオススメ動画はこちら。

シージで分かる安全運転【レインボーシックスシージ】

FPSで交通安全を学ぶとは思わなんだ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 『はむはむブログ』 , 2018 All Rights Reserved.